*天晴! DJ Cassidy !!

*天晴! DJ Cassidy !!

異例ずくめとなったバイデン大統領の就任式で国家斉唱をしたのはLady Gaga。その際、使われたマイクが24金製というニュースが日本でも広く報じられていましたが、24金マイクといえば、先人が。レコード針で有名なメーカー、Shure製の24kマイクをトレードマークに展開する超“豪華な“Pass The Mic“ショウで実に華々しい大活躍を続けるDJ Cassidy。おそらく日本での知名度は、かなり限定的ながら、本国アメリカでは知る人ぞ知るスーパーDJです。そして、果たして彼も、この就任式で祝演を捧げていました。自身が展開する独自のショウ形式=“Pass The Mic ”で、Earth Wind & Fireの「Sing A Song」をVerdine White、Phillip Bailey、Ralph Johnsonの面子で聴かせ、繋げてはNile RogersとKathy Sledgeが登場。Sister Sledgeの「We Are Family」をロサンジェルス合唱団とワシントン合唱団、更にはTriumph バプティスト教会の聖歌隊と共に熱唱するという極めて壮大で華やかなセットです。因みに、このショウは就任式の翌日にはYoutubeにUpされているので是非チェックを!

 DJ Cassidyは81年、NYはUpper East Side生まれ、父親はCindy Lopperなどを擁するタレント・エージェンシーを営むJonny Podell。つまりは、生来のエンタテイメント・セレブ。幼少期より所謂Hiphop小僧で、10歳の誕生日ギフトは、ターンテーブル2台とミキサーだったという早熟ぶり。ティーンエイジャーのパーティや学校の祝祭などでDJとしての活動をスタート。ハイティーンともなるとナイトクラブに舞台を移し、マンハッタンの著名なクラブLotusの地下で行われて居たGQのパーティで夜10時から早朝4時までのシフトで回して居たところをSean Puffy Combsに見出され、そこから一気にハイソな表舞台へ。Jeniffer LopezにBeyonce、Kim Kardashianらの結婚式を始め、GrammyのパーティにMTVアウォード、Opra Winfreyが南アで立ち上げた学校の開校式、更にミシェル・オバマ前大統領夫人の50歳の誕生パーティなどなど、眩いばかりのキャリアを重ねてきた、もはやカリスマ的存在。Hiphopが、そもそもはストリートが育んできたものであることを思えば、Cassidyは出処からして全くの異色の存在な訳で、そういう意味で別物として捉える向きも居そうですが、good grooveにはセレブとストリートの別無し!と、つくづく。その選曲を聴けば、彼の音楽の引き出しの豊かさ、充実ぶりに驚くばかり。約半世紀近くをブラックミュージックに心酔して、この音楽と共に−というより、この音楽の中に生きてきた私ですが、これが自分の子供世代のDJの選曲なの?!と耳を疑いたくなる程で、まさにlate 70s以降のブラックミュージックのcream of the crop!です。

そして、なんと言っても驚くべきは、Pass The Micという、その革新的なショウ形式。なんとCassidyが次々と繋げていく音源の主達が、リモート・リレー形式で登場して生で歌うというもので、今もしっかり現役の往年のスター達が、かなり素の状態で自宅から生歌を披露してくれちゃったりするので、往年のファンには感涙モノ。しかも、イントロ部分を使ってのCassidyとの生なやりとりから、誰もが嬉々として参加している様が伝わってきて笑顔になれます。それにしても−なCassidyの人脈。Earth Wind & Fireの面々にGeorge Clinton、Ray Parker Jr.にTeddy Rileyなどビッグネームから知る人ぞ知るミュージシャン、シンガーが次から次へと登場。嬉しい驚きの連続です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です